まめちの本棚

自分が「面白い」「皆さんに知ってほしい」と感じたことを書き記すブログです。※投稿内容は個人的な意見の表明に過ぎず、所属する組織の見解を反映するものでは一切ありません。

インターネット証券と「フィンテック1.0」

f:id:m0mch1:20170713213647p:plain

こんにちは、まめちです。

週刊ダイヤモンド2017年7月15日号の記事「分岐点に立つネット証券」を読みました。 その関係で、今日はネット証券のお話をします。

 ネット証券の位置づけ

ネット証券は、90年代後半の規制緩和とインターネットの普及の波に乗り誕生しました。その後は低廉な手数料を武器に、個人投資家を中心に一気にシェアを伸ばしました。今や、個人の売買委託代金に占めるネット証券7社のシェアは90%弱にまで拡大しています。

f:id:m0mch1:20170713213734p:plain

図出典:松井証券 2017年3月期決算説明資料

http://www.matsui.co.jp/company/ir/pdf/2017_4_abs.pdf

ネット証券黎明期は、色々な新興証券会社が雨後の筍のごとく乱立しましたが、合従連衡を経て、今では主力5社(SBI証券楽天証券マネックス証券松井証券カブドットコム証券)+準主力2社(GMOクリック証券岡三オンライン証券)にほぼ集約されています。

各社トップへのインタビュー

この記事では、ネット証券主力5社とGMOクリック証券の社長、合計6人にインタビューがなされています。6人が6人とも、証券業界やフィンテックの将来について個性的な議論を展開しており大変興味深いです。

個人的に一番興味深かったのは、「インターネット証券は証券営業マンの否定であり、AIは人間の否定である」と論じる松井証券の松井社長のコメントでした。人間まで不要と切り捨てる松井社長の語り口はなかなか刺激的です。

また、GMOクリック証券の社長(鬼頭氏)にインタビューがなされていたこと、それ自体に関心を持ちました。これまでインターネット証券といえば、先述した「主力5社」でした。今回、その5社と同じ枠で当社がインタビューを受けたという事実からは、「準主力」とされてきたGMOクリック証券の存在感が増してきたことが読み取れます。

フィンテック1.0」

この記事では、90年代後半から00年代前半にかけて創業されたネット証券各社や、ネット専業銀行などを「フィンテック1.0」と位置づけるとともに、10年代中頃に創業した新興フィンテック業者を「フィンテック2.0」と呼んでいます。

この定義づけも的確だと思います。ネット証券やネット銀行はまぎれもなく、インターネットやパソコンの普及といったテクノロジーの進化なかりせば誕生しえなかった存在であり、その意味でフィンテックの申し子だからです。

株式や投資信託の取引を、自宅に居ながらにしてオンラインで行うのは今や当たり前ですが、それはネット証券が普及するまでは「当たり前」ではありませんでした。株や投信を売買するには、証券会社の店頭に出向くか、証券会社の営業マンに電話するか、自宅に来てもらって注文を取り次がねばなりませんでした。いずれにせよ、マウスを数回クリックするだけで注文を気軽に行えるという気軽なものではなかったのです。

手数料の引き下げとデイトレーダーの誕生

株式を売買する際に発生する手数料も、ネット証券が誕生するまでは証券会社を通じて比較的高額の手数料を支払う必要がありました。

カブドットコム証券と野村證券を例に出します。100万円の現物株式を取引した場合、株式(現物)の売買手数料率は、カブドットコム証券だと10bp(0.1%)程度ですが、大手証券会社(野村証券)だと93bp(0.93%)+手数料と13倍程度の差があります(※)。

野村證券の場合、条件次第では安くなりますが、それでもネット証券に比べ手数料水準は高いです。

f:id:m0mch1:20170713213712p:plain

図出典:カブドットコム証券 2017年3月期決算説明資料

http://kabu.com/pdf/Gykpdf/accountingline/setsumei2017_03.pdf

大手証券会社は店舗や営業マンを擁しているため、その分経費が掛かってしまうのが、手数料が高くついてしまう理由です。実際の店舗を持たず、従業員も少ないネット証券会社は、そのコストがかからない分手数料を引き下げることができます。

手数料率が下がり利益を出しやすくなったこともあり、一日に何十回も売買を行い、利益を稼ぎ出す「デイトレーダー」というタイプの投資家が誕生しました。これもフィンテック1.0がもたらした社会変化の一つであると言えるでしょう*1

高い手数料率のままだと、一回当たりの取引の額や、株式の値動きが大きくなければ、一日に何度も売買を手掛けても利益を得るのは困難です。しかし、手数料率が下がったおかげで、そのような取引を、比較的少額の資金でもって、手掛けることができるようになりました。少し大げさな言い方かもしれませんが、フィンテックが金融業界の常識を変えた局面というのは、過去確かに存在したのです。

ネット証券の今後

これからのネット証券業界はどうなるのでしょうか。私は、省コスト化による手数料引き下げ競争は限界に達しており、手数料の低さに訴求する以外の戦略を取る必要があると考えてあます。

手数料収入や、信用取引にかかる金融収益が収益の柱である構造は変わらないものの、投資信託などの預かり資産からもたらされる信託報酬を安定的な収入源として収益におけるウェイトを高めるのも主要な戦略でしょう。

ほかにも、(ネット証券としての在り方を否定するようですが)相応の手数料をとりつつも、「対面でのきめ細かな顧客サービス」を実現できるネット証券会社が競争力を持つのではないでしょうか。

投資信託をはじめとした有価証券投資はまだまだ個人には敷居の高いものであり、「誰かに相談したい」というニーズは底堅いものがあります。「質が高く中立的な提案を受けるためなら相応の手数料を払ってもいい」という顧客を囲い込み、安定的な収入源とする、というのも一つの戦略かなと思います。

最後に

テクノロジーと金融はこれまでも、そしてこれからも、密接にかかわりあいつつ発展を遂げていくのでしょう。新しい技術がどのように金融システムを、そして社会を変えていくのか興味深く見守っていきたいと思います。

 参考図書

週刊ダイヤモンド』2017年7月15日号
『リスクテイカー ネット金融維新伝』 

 ※5大ネット証券の創業にかかるエピソードが綴られた、大変興味深い本です。

週刊東洋経済』2015年6月20日号
週刊東洋経済 2015年 6/20号[雑誌]

週刊東洋経済 2015年 6/20号[雑誌]

 

 ※本稿は筆者自身の個人的な見解に基づくものであり、筆者の所属する組織の見解を代表するものでは一切ありません。

※本記事は何らかの金融商品への投資や、特定の証券会社での取引を推奨するものではありません。有価証券投資は自己責任でお願いいたします。

*1:金融機関と取引するのに店舗まで出向かなくてよくなった、というのが一番メジャーな変化だと思います

マンション選定に際し、役だった本4冊

こんにちは、まめちです。

このたびマンションを購入しました。

マンション選定に際し、色々な本を読んで参考にしたのですが、中でも有用だった本をご紹介します。

 

 ◆『「東京DEEP案内」が選ぶ、首都圏住みたくない街』
「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

「東京DEEP案内」が選ぶ 首都圏住みたくない街

 

首都圏の「住みたくない街」「住んだら最悪そうな街」を徹底批評するというコンセプトの書籍です。

マンションを色々と物色していると、交通の便利さの割には明らかに安い物件があったりするのですが、本書でその物件がある地区を調べてみると「あっ(察し)」という気付きを得ることがとても多かったです。

「住みやすいエリア」を見つけるという観点からは直接的には役に立たないかもしれませんが、「ハズレを引かない」という視点からはとても参考になりました。

(ちなみに、今回契約した物件は、本書でやや辛口の批評がなされているエリアになるのですが、ネガティブな点を納得した上で選定しました)

 ◆『専門家は絶対に教えてくれない!本当に役立つマンション購入術』

湾岸タワーマンションを中心にブログを書いておられる、「のらえもん」さんによるマンション購入ガイドです。

「囲い込み物件」の判別方法

「不動産業者との付き合い方」

に関するアドバイスが具体的でとても参考になりました。 住宅ローンの選び方についても、元銀行員の私から見ても「なるほど」と思わされるストーリー構成がなされており、大変感心しました。

マンションを買う上で、最初に手に取るべき一冊かな、と思います。

 ◆『中古マンション 本当にかしこい買い方・選び方』
中古マンション本当にかしこい買い方・選び方

中古マンション本当にかしこい買い方・選び方

 

 Amazonで「中古マンション」と検索すると、トップに出るからという安直な理由で購入しました(笑)

中古マンションを購入する際に留意すべき点を、簡単な書きぶりでコンパクトに纏めている良書です。

「マンションを見学する際にどこをチェックすべきか」

「資産価値の落ちない中古マンションの条件」

など、具体的なアドバイスが多く役に立ちました。

 ◆『マンション格差』
マンション格差 (講談社現代新書)

マンション格差 (講談社現代新書)

 

ブックオフで安売りされていたので購入。タイトルは「煽り」感が否めないものの、内容は非常に真面目でしっかりした本でした。

中でも、 

「マンションは何よりも立地が大事」

「管理組合の実態把握と、運用状況がマンション価値を維持していく上でとても重要」

デベロッパーのブランドとマンションの品質は関係がない」

という記述が特に印象的でした。

巻末の「マンションデベロッパー別の特徴」という特集も面白く参考になりました。

おわりに

私は銀行で住宅ローンの仕事に長年従事していたこともあり、不動産についてはある程度は詳しいつもりでしたが、「自分が住む物件」という観点からマンションを調べだすと分からなかったり不安になることだらけで心細い思いをしました。

今回紹介した本を読んだことに加え、色々な人に話を聞いたり、ブログなどを読んだりして知識をつけることで、納得のいく買い物ができたと思っています。

今回はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

禁酒を続けるために私が工夫していること。

こんにちは、まめちです。

アルコールの摂取についてドクターストップがかかり、禁酒生活をここ1か月ほど続けています。

禁酒するよう指示されてからは、アルコールの欲求と戦うのが大変でしたが、色々と工夫することでアルコールの無い生活に慣れてきました。

今回は、アルコールを断つために私が試したアレコレと、その効果をご紹介します。

周囲に「酒が飲めなくなった」と説明する

家族、友人、会社の人といった自分とかかわりのある人に、禁酒の協力を求めました。

友人との会食やパーティー、会社のイベントに参加すると、必ずアルコールが供されます。周りが「ビール!」とオーダーする中、自分だけウーロン茶やノンアルコールビールを注文するのは中々気が引けるものです。これまで左党で通ってきた私ならば猶更です。

当然、何も説明しないままだと「なんでお酒飲まないの?」「一杯でもダメなの?」と周りに言われるわけですが、予め「病気の治療を進めるうえでアルコールが極めて有害だから一切酒を飲むなと医者に言われている」と事前に言っておくわけですね。

そこまで言ったうえで、尚も「飲め」と言ってくる人は今のところいないです。

ちなみに、酒がなくても友人との会食は十分楽しめますから心配はいりません。

(世の中には体質的にアルコールを飲めないけど、社交を楽しんでいる人なんていくらでもいますよね)

アルコールの害毒を説く本を読んだり映画を観たりする

「アルコールは益より害のほうが多い」

「従ってアルコールの摂取を止めるべし」

という単純なロジックを強化するという作戦です。

そのため、本を読んだり、映画を観たりしました。

ラインナップはこんな感じです。

●書籍:

 ◆アレン・カー『禁酒セラピー』
禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

Amazonで「禁酒」で検索したところ、1位にヒットしたので購入。酒に関する社会通念(酒を飲むとリラックスできる、社交的になる、酒を飲むのは楽しみのため)などなどにツッコミを入れ、「アルコールを自然に飲みたくなくなる」ことを目指す内容です。

私の場合、かなり効果はありましたが、本書を読む「だけ」で酒を止められるかどうかは微妙な所です。本書をとっかかりとして、禁酒を持続させる方法を模索するなど、プラスアルファの工夫が必要でしょう。 

吾妻ひでお失踪日記2 アル中病棟』
失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

 

 過度の飲酒からアルコール依存症となり、「アル中病棟」に担ぎ込まれた吾妻ひでお氏の闘病生活を綴ったマンガです。病院で出会った人々の破天荒なエピソードが大変印象的でした。ひとたびアルコール依存症になると、いかに治療が難しく、かつ自分や家族の人生に害悪をもたらすかがわかります。

●映画:

デンゼル・ワシントン主演『フライト』
フライト (字幕版)

フライト (字幕版)

 

 パニック映画としても、ヒューマンドラマとしても良くできた映画です。終盤、ホテルの部屋でたまたまミニバーに入っていた酒を見つけ、飲むか飲むまいか逡巡するシーンは大変共感できました。

サンドラ・ブロック主演『28DAYS』
28DAYS [DVD]

28DAYS [DVD]

 

ラストシーンで、サンドラ・ブロックが「草は枯れちゃったけど、犬は生きてるわ」とアル中施設で一緒だった若者を励ますシーンが好きです。(詳しくは映画を観てください)

ノンアルコール飲料を飲む/甘いものを食べる

時折、衝動的に飲酒欲求が沸き起こることがあります。そんな時はノンアルコールビールを飲むか、甘いものを食べると大抵収まります。

なお、これらの対策が飲酒欲求を抑える効果がある理由ですが、

  • ノンアルコールビールは、「今ビールを飲んでいるんだ」と脳を騙している
  • 甘いものを食べると血糖値が上がる→アルコールを飲んで血糖値が上がったのと似た状態を作れる

…といったところではないか、と考えています。

 ちなみに、キリンの「零ICHI」と「アサヒ ヘルシースタイル」は、喉ごしや苦味などがかなり本物に近くオススメです。味には好みがあるので、色々なノンアルコールビールを試し飲みしてみると良いでしょう。

 ◆キリン 零ICHI
キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

 
 ◆アサヒ ヘルシースタイル

お酒以外の楽しみや、リラックスする手段を見つける

自分がお酒を飲み続けていたのは、

  • アルコールそのものが美味しいと感じていたこと(=生活上の楽しみ)
  • アルコールを飲んでリラックスしていたこと(=飲酒をストレス解消の手段としていた)純粋な暇つぶし

という要因が大きかったと思います。

禁酒を長続きさせるには、飲酒に代わる「生活上の楽しみ」と、「ストレス解消の手段」を見つけないといけない訳ですね

まだ試行錯誤を続けている段階ですが、自分が試してみて効果があったのは下記の通りです。

  • 読書(小難しい本ではなく、マンガや小説を読む)
  • ダラダラとツイッターやネットサーフィンをする
  • ボルダリングに行く
  • 彼女や友達と食事に行く(もちろんアルコール抜きで)
  • 食事のクオリティを上げる(アルコールの代金を料理の質の向上に充てる)

要は、アルコールを飲んでいる時間と、酔ってフラフラになっている時間を何に充てるかということです。

個人的には、最初のうちは

「何でもいいから、アルコールの摂取以外で時間をつぶそう」

と言うくらいの、ゆるい心構えのほうが、無理なく続けられるんじゃないかと思っています。

最後に

禁酒を始めてから1週間くらいは、飲酒欲求を抑えるのに非常に苦労しましたが、最近は飲酒欲求がかなり小さくなっています。上記の対策が功を奏しているのでしょう。

物事を続けるには、「3日・30日・3か月・3年」が大事で、これらの節目を通過すれば習慣として定着するとよく言われています。この調子で無事30日の節目を越えたいと思います。

『海軍めしたき物語』にみる、日常性と非日常性について

 ◆高橋孟『海軍めしたき物語』
海軍めしたき物語 (1979年)

海軍めしたき物語 (1979年)

 

…といったことを考えました。

この本を読んで、「何が日常で、何が非日常なのか、の区別は事後的にしか判別できないのではないか」と思うようになりました。

全くまとまっていませんが、ご容赦ください(笑)

2017年5月26日から禁酒生活を続けています。

こんにちは、まめちです。

睡眠時無呼吸症候群」という病気に罹ったことから、禁酒するよう医師に宣告されました。

mamechiblog.hatenablog.com

 

自分自身、酒との付き合い方に問題意識を抱いていました。

・楽しみというよりはストレス解消のために酒を飲むことが多かった

休肝日を作れなくなってきた

これがその理由です。このままでは身体に悪いなぁ、と思っていたのですが、なかなかきっかけを掴めず、禁酒に踏み切れないでいました。

医師の指導をきっかけに禁酒を始めて今日で9日にになりますが、今のところ上手くいっています。

禁酒のメリット

身体が軽くなった

朝起きた時の身体の軽さが明らかに違います。体重も減ってきており、物理的な意味でも減量できています。

食費が安くなった

食事の際は、ビールやワインの代わりにノンアルコールビールや炭酸水を飲むようになりました。当然ながらソフトドリンクはアルコールより安価なので、食費は安くつきます。

時間を有効に使える

このメリットが一番大きいように思います。何しろ酔っぱらわないので、飲食した後でも本を読んだり、映画を観たりすることができます。

禁酒のデメリット

「酒を飲みたい」という要求を抑えられずイライラする

これは結構キツいものがあります。禁酒を初めて4日間くらいは、ビールの広告やコンビニのアルコールコーナーが気になって仕方ありませんでした。今でも、空腹時や喉の渇きを覚えた時にはアルコールへの欲求が噴き出すことがあります。(そういうときは炭酸飲料を飲んだり、何かを口に入れることで誤魔化しています) 

甘いものが無性に食べたくなる

砂糖を取ると、アルコールを摂取したときに生じるのと同様の脳内物質が生成されるそうです。実際、シュークリームやスフレなどの生菓子を食べるとアルコールへの衝動がかなり収まります。不思議ですね。

禁酒を続けるには

メリットやデメリットを挙げましたが、「理屈」だけで飲酒をコントロールするのは限界がある気がします。今のところアルコールの摂取はコントロールできていますが、長続きさせるには断酒薬の投与など、何らかの医療的なケアが必要かもしれません。

ちなみに、この本が禁酒のモチベーション付けと禁酒の持続に(それなりに)効果がありました。興味がある方には一読を勧めます。

 ◆アレン・カー『禁酒セラピー』
禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 今日はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

こんにちは、まめちです。

突然ですが、「睡眠時無呼吸症候群」という病気に罹ってしまいました。

簡単に言うと、寝ている間に呼吸が止まってしまい、十分な睡眠効果が得られなくなる病気です。

症状は、日中のだるさと眠気、それとメンタルの落ち込みです。

治療については、100%完全に治す方法は今のところ存在せず、

CPAPという器具を毎晩装着して、マスクを通じて加圧した空気を気管に送り込むことで無呼吸状態の発生を抑止する…という対症療法しか今のところないようです。

 

診断が出たときは、「ああやっぱりそうか」と納得するとともに、非常にショックでした。CPAPの助けを借りなければ、通常通りの睡眠を得ることができないという事実に愕然としました。寝るのに機械の力が必要な身体になるとは!

「メガネを掛けないと眼が見えないのと同じ程度のことだと考えればいい」という向きもありますが、あのガスマスクみたいな代物を毎晩着用して寝なければならない、というのはやっぱり地味にショックです。メガネとは質が違うよ。

はぁ。

原因不明の倦怠感や気分の落ち込みの原因が分かったのは良しとしなければなりませんが、これから長い間この病気と付き合っていかねばならないと思うと、正直言って気が滅入ります。

まぁ、根治する方法も無いわけではないようなので、焦らずにじっくりと回復への道を探っていくつもりです。

とりあえず、本書を読んで、自分の病気についての正しい知識を身に着けたいと思います。

図解 睡眠時無呼吸症候群を治す!  最新治療と正しい知識

図解 睡眠時無呼吸症候群を治す! 最新治療と正しい知識

 

【2016年度】女子会()の課題図書を振り返る

 前回に引き続き、2016年中に女子会()にて読んだ本をご紹介します。

※引用欄はAmazonに登録されている内容紹介文です。

 

 2017年度の課題図書はこちら:

mamechiblog.hatenablog.com

 

 9月17日~12月3日『左遷論ー組織の論理、個人の心理』

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

 

 左遷という言葉は「低い役職・地位に落とすこと」の意味で広く用いられる。当人にとって不本意で、理不尽と思える人事も、組織の論理からすれば筋が通っている場合は少なくない。人は誰しも自分を高めに評価し、客観視は難しいという側面もある。本書では左遷のメカニズムを、長期安定雇用、年次別一括管理、年功的な人事評価といった日本独自の雇用慣行から分析。組織で働く個人がどう対処すべきかも具体的に提言する。

『稟議と根回し』が好評だったため、日本型人事制度をもう少し掘り下げて知りたい、という問題意識から本書を選定しました。前職(銀行)で自分が受けた人事上の処遇についてある程度納得ができました。仲間内でも好評でした。

 6月4日~8月7日『ナニワ金融道

ナニワ金融道 1

ナニワ金融道 1

 

 銀行マンでこれを読まないヤツはモグリだ、と言われるほど有名な本書。金融関連以外の人が読むとあまりのエグさに食傷気味だったようで、その反応が興味深かったです。

 4月3日~5月21日『稟議と根回し』

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

 

 日本型マネジメントの根幹をなす「稟議」と「根回し」の要諦を解説した書籍。バブル前夜の、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と謳われた当時の日本のイケイケ度合いが伝わってきます。

この本を読んだ頃に新人だった人が、現代日本のトップマネジメント層に位置していることは留意しておくべきだと思います。

 2月13日~3月21日『折れたレールーイギリス国鉄民営化の失敗』

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗

 

 その時、線路は300の破片に砕け散った! 英国国鉄の分割民営化の破綻-それは象徴的な出来事だった。膨大な調査によってその内幕を暴く、スリリングなドキュメント。

鉄道会社勤務の友人が紹介してくれた本。民営化といえば良いことづくめ、のような印象がありましたが、英国の場合は、国鉄が数々の会社に分社化されたことでこれまで綿密に行われていた「擦り合わせ」が機能しなくなり、重大な事故を招く遠因になった、と本書は論じています。神の見えざる手が常に正しいとは限らない、という教訓を教えてくれた印象深い本です。

1月16日~2月6日『「学力」の経済学』

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 巷間で「効果がある」とされる教育政策について、多種多様なデータをもとに論じたユニークな本です。教育の世界に経済学の知見を持ち込むのは有意義である一方、教育界の人はこのような論法は嫌いだろうな、という印象を抱きました。

 

(続きます)