まめちの本棚

自分が「面白い」「皆さんに知ってほしい」と感じたことを書き記すブログです。※投稿内容は個人的な意見の表明に過ぎず、所属する組織の見解を反映するものでは一切ありません。

禁酒を続けるために私が工夫していること。

こんにちは、まめちです。

アルコールの摂取についてドクターストップがかかり、禁酒生活をここ1か月ほど続けています。

禁酒するよう指示されてからは、アルコールの欲求と戦うのが大変でしたが、色々と工夫することでアルコールの無い生活に慣れてきました。

今回は、アルコールを断つために私が試したアレコレと、その効果をご紹介します。

周囲に「酒が飲めなくなった」と説明する

家族、友人、会社の人といった自分とかかわりのある人に、禁酒の協力を求めました。

友人との会食やパーティー、会社のイベントに参加すると、必ずアルコールが供されます。周りが「ビール!」とオーダーする中、自分だけウーロン茶やノンアルコールビールを注文するのは中々気が引けるものです。これまで左党で通ってきた私ならば猶更です。

当然、何も説明しないままだと「なんでお酒飲まないの?」「一杯でもダメなの?」と周りに言われるわけですが、予め「病気の治療を進めるうえでアルコールが極めて有害だから一切酒を飲むなと医者に言われている」と事前に言っておくわけですね。

そこまで言ったうえで、尚も「飲め」と言ってくる人は今のところいないです。

ちなみに、酒がなくても友人との会食は十分楽しめますから心配はいりません。

(世の中には体質的にアルコールを飲めないけど、社交を楽しんでいる人なんていくらでもいますよね)

アルコールの害毒を説く本を読んだり映画を観たりする

「アルコールは益より害のほうが多い」

「従ってアルコールの摂取を止めるべし」

という単純なロジックを強化するという作戦です。

そのため、本を読んだり、映画を観たりしました。

ラインナップはこんな感じです。

●書籍:

 ◆アレン・カー『禁酒セラピー』
禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

Amazonで「禁酒」で検索したところ、1位にヒットしたので購入。酒に関する社会通念(酒を飲むとリラックスできる、社交的になる、酒を飲むのは楽しみのため)などなどにツッコミを入れ、「アルコールを自然に飲みたくなくなる」ことを目指す内容です。

私の場合、かなり効果はありましたが、本書を読む「だけ」で酒を止められるかどうかは微妙な所です。本書をとっかかりとして、禁酒を持続させる方法を模索するなど、プラスアルファの工夫が必要でしょう。 

吾妻ひでお失踪日記2 アル中病棟』
失踪日記2 アル中病棟

失踪日記2 アル中病棟

 

 過度の飲酒からアルコール依存症となり、「アル中病棟」に担ぎ込まれた吾妻ひでお氏の闘病生活を綴ったマンガです。病院で出会った人々の破天荒なエピソードが大変印象的でした。ひとたびアルコール依存症になると、いかに治療が難しく、かつ自分や家族の人生に害悪をもたらすかがわかります。

●映画:

デンゼル・ワシントン主演『フライト』
フライト (字幕版)

フライト (字幕版)

 

 パニック映画としても、ヒューマンドラマとしても良くできた映画です。終盤、ホテルの部屋でたまたまミニバーに入っていた酒を見つけ、飲むか飲むまいか逡巡するシーンは大変共感できました。

サンドラ・ブロック主演『28DAYS』
28DAYS [DVD]

28DAYS [DVD]

 

ラストシーンで、サンドラ・ブロックが「草は枯れちゃったけど、犬は生きてるわ」とアル中施設で一緒だった若者を励ますシーンが好きです。(詳しくは映画を観てください)

ノンアルコール飲料を飲む/甘いものを食べる

時折、衝動的に飲酒欲求が沸き起こることがあります。そんな時はノンアルコールビールを飲むか、甘いものを食べると大抵収まります。

なお、これらの対策が飲酒欲求を抑える効果がある理由ですが、

  • ノンアルコールビールは、「今ビールを飲んでいるんだ」と脳を騙している
  • 甘いものを食べると血糖値が上がる→アルコールを飲んで血糖値が上がったのと似た状態を作れる

…といったところではないか、と考えています。

 ちなみに、キリンの「零ICHI」と「アサヒ ヘルシースタイル」は、喉ごしや苦味などがかなり本物に近くオススメです。味には好みがあるので、色々なノンアルコールビールを試し飲みしてみると良いでしょう。

 ◆キリン 零ICHI
キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

キリン 零ICHI ノンアルコール 350ml×24本

 
 ◆アサヒ ヘルシースタイル

お酒以外の楽しみや、リラックスする手段を見つける

自分がお酒を飲み続けていたのは、

  • アルコールそのものが美味しいと感じていたこと(=生活上の楽しみ)
  • アルコールを飲んでリラックスしていたこと(=飲酒をストレス解消の手段としていた)純粋な暇つぶし

という要因が大きかったと思います。

禁酒を長続きさせるには、飲酒に代わる「生活上の楽しみ」と、「ストレス解消の手段」を見つけないといけない訳ですね

まだ試行錯誤を続けている段階ですが、自分が試してみて効果があったのは下記の通りです。

  • 読書(小難しい本ではなく、マンガや小説を読む)
  • ダラダラとツイッターやネットサーフィンをする
  • ボルダリングに行く
  • 彼女や友達と食事に行く(もちろんアルコール抜きで)
  • 食事のクオリティを上げる(アルコールの代金を料理の質の向上に充てる)

要は、アルコールを飲んでいる時間と、酔ってフラフラになっている時間を何に充てるかということです。

個人的には、最初のうちは

「何でもいいから、アルコールの摂取以外で時間をつぶそう」

と言うくらいの、ゆるい心構えのほうが、無理なく続けられるんじゃないかと思っています。

最後に

禁酒を始めてから1週間くらいは、飲酒欲求を抑えるのに非常に苦労しましたが、最近は飲酒欲求がかなり小さくなっています。上記の対策が功を奏しているのでしょう。

物事を続けるには、「3日・30日・3か月・3年」が大事で、これらの節目を通過すれば習慣として定着するとよく言われています。この調子で無事30日の節目を越えたいと思います。

『海軍めしたき物語』にみる、日常性と非日常性について

 ◆高橋孟『海軍めしたき物語』
海軍めしたき物語 (1979年)

海軍めしたき物語 (1979年)

 

…といったことを考えました。

この本を読んで、「何が日常で、何が非日常なのか、の区別は事後的にしか判別できないのではないか」と思うようになりました。

全くまとまっていませんが、ご容赦ください(笑)

2017年5月26日から禁酒生活を続けています。

こんにちは、まめちです。

睡眠時無呼吸症候群」という病気に罹ったことから、禁酒するよう医師に宣告されました。

mamechiblog.hatenablog.com

 

自分自身、酒との付き合い方に問題意識を抱いていました。

・楽しみというよりはストレス解消のために酒を飲むことが多かった

休肝日を作れなくなってきた

これがその理由です。このままでは身体に悪いなぁ、と思っていたのですが、なかなかきっかけを掴めず、禁酒に踏み切れないでいました。

医師の指導をきっかけに禁酒を始めて今日で9日にになりますが、今のところ上手くいっています。

禁酒のメリット

身体が軽くなった

朝起きた時の身体の軽さが明らかに違います。体重も減ってきており、物理的な意味でも減量できています。

食費が安くなった

食事の際は、ビールやワインの代わりにノンアルコールビールや炭酸水を飲むようになりました。当然ながらソフトドリンクはアルコールより安価なので、食費は安くつきます。

時間を有効に使える

このメリットが一番大きいように思います。何しろ酔っぱらわないので、飲食した後でも本を読んだり、映画を観たりすることができます。

禁酒のデメリット

「酒を飲みたい」という要求を抑えられずイライラする

これは結構キツいものがあります。禁酒を初めて4日間くらいは、ビールの広告やコンビニのアルコールコーナーが気になって仕方ありませんでした。今でも、空腹時や喉の渇きを覚えた時にはアルコールへの欲求が噴き出すことがあります。(そういうときは炭酸飲料を飲んだり、何かを口に入れることで誤魔化しています) 

甘いものが無性に食べたくなる

砂糖を取ると、アルコールを摂取したときに生じるのと同様の脳内物質が生成されるそうです。実際、シュークリームやスフレなどの生菓子を食べるとアルコールへの衝動がかなり収まります。不思議ですね。

禁酒を続けるには

メリットやデメリットを挙げましたが、「理屈」だけで飲酒をコントロールするのは限界がある気がします。今のところアルコールの摂取はコントロールできていますが、長続きさせるには断酒薬の投与など、何らかの医療的なケアが必要かもしれません。

ちなみに、この本が禁酒のモチベーション付けと禁酒の持続に(それなりに)効果がありました。興味がある方には一読を勧めます。

 ◆アレン・カー『禁酒セラピー』
禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

 今日はこの辺で。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

こんにちは、まめちです。

突然ですが、「睡眠時無呼吸症候群」という病気に罹ってしまいました。

簡単に言うと、寝ている間に呼吸が止まってしまい、十分な睡眠効果が得られなくなる病気です。

症状は、日中のだるさと眠気、それとメンタルの落ち込みです。

治療については、100%完全に治す方法は今のところ存在せず、

CPAPという器具を毎晩装着して、マスクを通じて加圧した空気を気管に送り込むことで無呼吸状態の発生を抑止する…という対症療法しか今のところないようです。

 

診断が出たときは、「ああやっぱりそうか」と納得するとともに、非常にショックでした。CPAPの助けを借りなければ、通常通りの睡眠を得ることができないという事実に愕然としました。寝るのに機械の力が必要な身体になるとは!

「メガネを掛けないと眼が見えないのと同じ程度のことだと考えればいい」という向きもありますが、あのガスマスクみたいな代物を毎晩着用して寝なければならない、というのはやっぱり地味にショックです。メガネとは質が違うよ。

はぁ。

原因不明の倦怠感や気分の落ち込みの原因が分かったのは良しとしなければなりませんが、これから長い間この病気と付き合っていかねばならないと思うと、正直言って気が滅入ります。

まぁ、根治する方法も無いわけではないようなので、焦らずにじっくりと回復への道を探っていくつもりです。

とりあえず、本書を読んで、自分の病気についての正しい知識を身に着けたいと思います。

図解 睡眠時無呼吸症候群を治す!  最新治療と正しい知識

図解 睡眠時無呼吸症候群を治す! 最新治療と正しい知識

 

【2016年度】女子会()の課題図書を振り返る

 前回に引き続き、2016年中に女子会()にて読んだ本をご紹介します。

※引用欄はAmazonに登録されている内容紹介文です。

 

 2017年度の課題図書はこちら:

mamechiblog.hatenablog.com

 

 9月17日~12月3日『左遷論ー組織の論理、個人の心理』

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

左遷論 - 組織の論理、個人の心理 (中公新書)

 

 左遷という言葉は「低い役職・地位に落とすこと」の意味で広く用いられる。当人にとって不本意で、理不尽と思える人事も、組織の論理からすれば筋が通っている場合は少なくない。人は誰しも自分を高めに評価し、客観視は難しいという側面もある。本書では左遷のメカニズムを、長期安定雇用、年次別一括管理、年功的な人事評価といった日本独自の雇用慣行から分析。組織で働く個人がどう対処すべきかも具体的に提言する。

『稟議と根回し』が好評だったため、日本型人事制度をもう少し掘り下げて知りたい、という問題意識から本書を選定しました。前職(銀行)で自分が受けた人事上の処遇についてある程度納得ができました。仲間内でも好評でした。

 6月4日~8月7日『ナニワ金融道

ナニワ金融道 1

ナニワ金融道 1

 

 銀行マンでこれを読まないヤツはモグリだ、と言われるほど有名な本書。金融関連以外の人が読むとあまりのエグさに食傷気味だったようで、その反応が興味深かったです。

 4月3日~5月21日『稟議と根回し』

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

稟議と根回し (講談社現代新書 (772))

 

 日本型マネジメントの根幹をなす「稟議」と「根回し」の要諦を解説した書籍。バブル前夜の、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と謳われた当時の日本のイケイケ度合いが伝わってきます。

この本を読んだ頃に新人だった人が、現代日本のトップマネジメント層に位置していることは留意しておくべきだと思います。

 2月13日~3月21日『折れたレールーイギリス国鉄民営化の失敗』

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗

折れたレール―イギリス国鉄民営化の失敗

 

 その時、線路は300の破片に砕け散った! 英国国鉄の分割民営化の破綻-それは象徴的な出来事だった。膨大な調査によってその内幕を暴く、スリリングなドキュメント。

鉄道会社勤務の友人が紹介してくれた本。民営化といえば良いことづくめ、のような印象がありましたが、英国の場合は、国鉄が数々の会社に分社化されたことでこれまで綿密に行われていた「擦り合わせ」が機能しなくなり、重大な事故を招く遠因になった、と本書は論じています。神の見えざる手が常に正しいとは限らない、という教訓を教えてくれた印象深い本です。

1月16日~2月6日『「学力」の経済学』

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 巷間で「効果がある」とされる教育政策について、多種多様なデータをもとに論じたユニークな本です。教育の世界に経済学の知見を持ち込むのは有意義である一方、教育界の人はこのような論法は嫌いだろうな、という印象を抱きました。

 

(続きます)

【2017年度】女子会()の課題図書を振り返る

仲間内でほそぼそと続けている勉強会・女子会()の課題図書をまとめてみました。

メーリングリストの過去ログを読むと、2011年から続いており、今年で6年目になります。仮に1年5冊としても、30冊ほどの本を読んでいることになります。 

今回は、我々がどんな本を読んできたかをご紹介したいと思います。

  2017年 

 5月27日~『補給線ー何が勝敗を決定するのか』

補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)

補給戦―何が勝敗を決定するのか (中公文庫BIBLIO)

 

 序章を読み始めたところですが、「兵站術」「戦略」に対する定義が明確になされていること、リサーチ・クエスチョンが明瞭であることなどから、「良著の予感がする」という声が上がりました。今後に期待です。

 3月18日~5月27日『ピープルウェア』

ピープルウエア 第3版

ピープルウエア 第3版

 

プロジェクト・マネジメントの在り方を論じた本です。「会社にとって最も大事な資産は人である」との信念のもと、職場環境やモチベーション管理の大切さを縷々述べた本です。全体的に、著者の人間に対する愛情が感じられる良著です。

『ピープルウェア』 関連記事

mamechiblog.hatenablog.com

mamechiblog.hatenablog.com

 3月11日『狭小邸宅』

狭小邸宅 (集英社文庫)

狭小邸宅 (集英社文庫)

 

新卒でブラック不動産業者に入社した主人公が、狭小戸建て住宅の販売を通じ人格を変容させていく姿を綴った小説です。もはや紹介は不要なほど、界隈では有名な本ですね。

不動産界隈のメンバーが居ない女子会()で本書を紹介したところ、色々な視点からの議論が生まれ大変興味深かったです。議事は下記「関連記事」をご欄下さい。

『狭小邸宅』 関連記事

mamechiblog.hatenablog.com

 

mamechiblog.hatenablog.com

 

mamechiblog.hatenablog.com

 

1月14日~2月4日『影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか』

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

 

「承諾」についての人間真理のメカニズムを解き明かす本です。自分が営業をしていたころにこの本に出合っていたらなぁ…と思わせる学びが多々ある面白い本でした。その後、仕事でも上司や顧客との交渉で本書に出てきたテクニックを使う事があり、役に立っています。

 

続きます。

仲間内での清算にAmazonギフト券を使うと便利ですよ、というお話。

こんにちは、まめちです。

旅行代金の清算や、飲み会の立て替え払いなど、日々のちょっとした決済に
Amazonギフト券を利用すると便利ですよ、というお話です。

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券は、Amazonが発行する商品券で、Amazonでの買い物に1ポイント1円で利用できます。
ギフト券は、クレジットカードを使ってAmazonのサイトから任意の額面を購入することができます。また、メールやメッセンジャーを使って気軽に他人に送ることができます。

はじめてAmazonギフト券を清算に使ったのは、昨年、友人同士で九州に旅行に行ったときでした。
私が幹事を務めたため、いったん旅行代金を建て替えたのですが、その清算をする際にAmazonギフト券を使ったのです。

これまで、旅行代金などを後日清算する際には当然のことながら銀行振込を使っていたのですが、
「銀行振込だと、手数料が高くつくし、手続きが煩雑」
という声が多く、不便に感じていました。

Amazonギフト券だと、手数料が発生しない

そこで、今回支払いにAmazonのギフト券を利用してはどうか、と提案すると、
Amazonギフト券だと、メールを送るだけで手続きが完了するので楽だし、手数料も取られないので経済的」
と好評でした。
それ以来、後払いや清算が発生する際には、Amazonギフト券を使って決済をするようにしています。
現金までの通用性や信頼性はないものの、日常生活でAmazonを利用する機会は頻繁にあることを考えると、Amazonの流通性は法定通貨である日本円と大差ない、といっても過言ではないかもしれません。

(企業としてのAmazonの信用は十分高いといえるでしょう)

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

 

 余談

中国では、アリペイなどのキャッシュレス・決済サービスが非常に発達しているという話ですが、
日本でもアリペイのような形で、電子マネーを個人間決済に気軽に使える時代はそう遠からぬうちに来るかもしれませんね。

一方で、このような民間決済サービスが普及すると、ATMの手数料収入が減るわけですから、銀行は新しい収益源を探す必要に迫られるでしょう。