読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめちの本棚

自分が「面白い」「皆さんに知ってほしい」と感じたことを書き記すブログです。※投稿内容は個人的な意見の表明に過ぎず、所属する組織の見解を反映するものでは一切ありません。

【お題箱】小生はソーシャルレンディングと中古区分不動産投資を行っております。金融畑を歩んできたまめちさん自身の資産形成戦略と現在のポートフォリオをご教示願います。

こんにちは。まめちです。

株はぜんぜんわからないので、雰囲気でやっているタイプです。

本日のお題はこちら。

Q.小生はソーシャルレンディングと中古区分不動産投資を行っております。金融畑を歩んできたまめちさん自身の資産形成戦略と現在のポートフォリオをご教示願います。

A.結論から言うと、
・資産形成戦略…金融所得を当てにせず、働けるだけ働く
・現在のポートフォリオ…キャッシュ・日本株MSCIコクサイ パッシブファンドを30%ずつ

 です。

 「お金に働いてもらう」っていう発想は、確かに一理あるとは思うんですが、お金ってストライキ起こしたり、サボったり、トンズラこいたりするんですよね。しかも結構高い確率で。

金融でメシを食ってる私が言うのもなんですが、お金の働きはコントロールできない以上、お金に何とか食い扶持を稼いでもらって、それに頼ろう、という発想はリスクだと思うんですよね。

じゃあどうするのか、というと、結局のところ自分で働いてカネを稼ぐしかないのかなと。自分自身の人生を100%コントロールしきれるという気はありませんが、少なくともこの不確実性が多い世の中において、自分の意思や行動というのはコントロールしやすい変数だと思います。

そういう訳で、お金にはそこそこ適当に働いてもらって、あとは自分で稼げる割合を増やすというのが戦略としては正しいと思います。そのために本を読んだり、人と会って話して、色々な価値観を身につけたりするのが自分にとって真っ当な「投資」なのかな、と思っています。

参考になりましたでしょうか。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

※「お題箱」はこちらです。ぜひお気軽に投稿してください。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)