読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まめちの本棚

自分が「面白い」「皆さんに知ってほしい」と感じたことを書き記すブログです。※投稿内容は個人的な意見の表明に過ぎず、所属する組織の見解を反映するものでは一切ありません。

仲間内での清算にAmazonギフト券を使うと便利ですよ、というお話。

こんにちは、まめちです。

旅行代金の清算や、飲み会の立て替え払いなど、日々のちょっとした決済に
Amazonギフト券を利用すると便利ですよ、というお話です。

Amazonギフト券とは

Amazonギフト券は、Amazonが発行する商品券で、Amazonでの買い物に1ポイント1円で利用できます。
ギフト券は、クレジットカードを使ってAmazonのサイトから任意の額面を購入することができます。また、メールやメッセンジャーを使って気軽に他人に送ることができます。

はじめてAmazonギフト券を清算に使ったのは、昨年、友人同士で九州に旅行に行ったときでした。
私が幹事を務めたため、いったん旅行代金を建て替えたのですが、その清算をする際にAmazonギフト券を使ったのです。

これまで、旅行代金などを後日清算する際には当然のことながら銀行振込を使っていたのですが、
「銀行振込だと、手数料が高くつくし、手続きが煩雑」
という声が多く、不便に感じていました。

Amazonギフト券だと、手数料が発生しない

そこで、今回支払いにAmazonのギフト券を利用してはどうか、と提案すると、
Amazonギフト券だと、メールを送るだけで手続きが完了するので楽だし、手数料も取られないので経済的」
と好評でした。
それ以来、後払いや清算が発生する際には、Amazonギフト券を使って決済をするようにしています。
現金までの通用性や信頼性はないものの、日常生活でAmazonを利用する機会は頻繁にあることを考えると、Amazonの流通性は法定通貨である日本円と大差ない、といっても過言ではないかもしれません。

(企業としてのAmazonの信用は十分高いといえるでしょう)

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

Amazonギフト券- Eメールタイプ - Amazonベーシック

 

 余談

中国では、アリペイなどのキャッシュレス・決済サービスが非常に発達しているという話ですが、
日本でもアリペイのような形で、電子マネーを個人間決済に気軽に使える時代はそう遠からぬうちに来るかもしれませんね。

一方で、このような民間決済サービスが普及すると、ATMの手数料収入が減るわけですから、銀行は新しい収益源を探す必要に迫られるでしょう。