まめちの本棚

自分が「面白い」「皆さんに知ってほしい」と感じたことを書き記すブログです。※投稿内容は個人的な意見の表明に過ぎず、所属する組織の見解を反映するものでは一切ありません。

『海軍めしたき物語』にみる、日常性と非日常性について

 ◆高橋孟『海軍めしたき物語』
海軍めしたき物語 (1979年)

海軍めしたき物語 (1979年)

 

…といったことを考えました。

この本を読んで、「何が日常で、何が非日常なのか、の区別は事後的にしか判別できないのではないか」と思うようになりました。

全くまとまっていませんが、ご容赦ください(笑)